2020年1月14日

Windows 7 サポート終了!

※Windows Embedded 製品は一部サポート期間が異なります
※Windows Server 2008/2008 R2のサポートも終了

!
サポート終了後は
セキュリティリスクが
増大します

サポート終了後の脅威

2020年1月14日以降、マイクロソフトは、Windows 7に対するすべてのテクニカルサポートやWindows Updateからのセキュリティアップデートを終了します。(※Windows Embedded 製品は一部サポート期間が異なります)
以降はマイクロソフトよりセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなり、新たなぜい弱性が見つかっても、悪意のある攻撃に対して無防備な状態になります。
これは攻撃者にとって、セキュリティレベルの低い格好のターゲットとなり、攻撃する優先度が高まります。
また、何らかのトラブルが発生した際にもマイクロソフトのサポートが受けられないため、ビジネスへの大きなリスクとなります。
菱洋エレクトロでは、今後もお客様が安全かつ快適にWindows搭載機器をご使用いただくため、Windows10環境への移行を強くお勧めしております。

今後、直近でサポート終了となる
OS一覧

製品名 ライセンス区分 サポート終了日
Windows 7(Home/Professional/Ultimate) 通常ライセンス 2020年1月14日
Windows 7 for Embedded Systems Embeddedライセンス
Windows Server 2008/2008 R2 通常ライセンス
Windows Server
2008/2008 R2 for Embedded Systems
Embeddedライセンス
製品名 ライセンス区分 サポート終了日
Windows Embedded Standard 7 Embeddedライセンス 2020年10月13日
製品名 ライセンス区分 サポート終了日
Windows Embedded POSReady 7 Embeddedライセンス 2021年10月12日

サポート終了に対する対策は4つ

① Windows 7をギリギリまで使い続ける
(ESUの利用)

マイクロソフトが提供する、 有償の拡張セキュリティ更新プログラムESU(Extended Security Updates)を利用すれば、2023年1月までの期間、Windows 7の拡張サポートを受けることができます。
ESUを利用するにはマイクロソフトと契約が必要な場合があり、また現在お使いのライセンスの種類によって対応方法が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

Windows製品のライフサイクル
Windows製品のライフサイクル

② Windows 7をギリギリまで使い続ける
Windows 7 for Embedded Systemで継続する)

Windows 7(Windows 7 Embeddedを除く)を標準搭載した端末は、既に販売されていません。現在Windows 7をご使用になる場合はWindows 10からWindows 7へダウングレードして使用することが一般的です。
このような使い方をしている場合、 Windows 7のサポート期限(2020年1月14日)までに、元のWindows 10へ戻さなければライセンス違反となってしまいます。
サポートが切れていても、Windows 7を使い続けたい場合は、Windows 7 for Embedded SystemにField Upgradeし継続使用する方法があります。

Windows 7 for Embedded Systemを使用する場合は、
専用用途での利用に限ります。

※専用用途とは、デジタルサイネージやFAコントローラーなどを指します。
詳しくはhttp://ryoyo-embedded-solutions.jp/をご確認ください。

※Field Upgradeには、別途MicrosoftとOEM CLA契約を締結する必要がございます。

※OEM CLA契約は無償契約です。

③ Windows 10 IoTが初めから入った
機器に入れ替える

初めからWindows10が搭載された機器に入れ替えることで、性能的にも最新となり、かつ「動作条件を満たしていない」や「デバイスドライバーが動作しない」などのリスクを回避することができます。
ただし、ここで注意が必要なのは、Windows 10は、それ以前のWindowsとは異なり、年2回のペースで大型アップデートを予定しており、要不要を問わず、半ば強制的に、Windows 10の最新機能が適用されてしまう点です。
パソコン用のOSであれば、ここは大きな問題にはなりませんが、企業や組み込み用途では、事前検証が不十分な状態での機能追加がデメリットになるケースもあります。
その場合に検討したいのが「Long Term Servicing Channel」(LTSC)と呼ばれる、固定化モデルを採用したWindows 10 IoTの導入です。こちらを利用すれば、機能アップデートはなく(セキュリティ更新とバグフィックスの提供はあり)、最長10年間同じイメージを利用できるため、基幹業務システムや、工場の制御システム、POS、ATMといった組み込み向け用途では、メリットのある選択となります。

2つの提供モデル
Semi-annual Channel(SAC)
  • ● 年二回の機能アップデートを実施予定
    (3月,9月)
  • ● 最新機能をいち早く利用可能
  • ● アップデートを一定期間遅延させることが可能
Long-Term Servicing Channel(LTSC)
  • ● 特定システム向け
  • ● セキュリティ更新とバグ フィックスのみ提供
  • ● 機能アップデートはなし
  • ● 2〜3年に一度、新しいビルドをリリース
  • ● 最長 10年間同じイメージを利用可能
Windows 10 IoT 搭載 HP製PC一覧
製品カテゴリ 製品名
デスクトップPC HP ProDesk 600G4 SF/CT
HP ProDesk 600G5 SF/CT
HP EliteDesk 800 G4 DM/CT
HP EliteDesk 800 G4 SF/CT
HP EliteDesk 800 G5 DM/CT
HP EliteDesk 800 G5 SF/CT
HP EliteDesk 800 G5 TW/CT
HP EliteOne 800 G5 All-in-One/CT
ノートブックPC HP 250 G7/CT Notebook PC
HP ProBook 450 G6/CT Notebook PC
HP EliteBook 830 G6/CT Notebook PC
ワークステーション HP Z2 Mini G4 Workstation
HP Z2 SFF G4 Workstation
HP Z2 Tower G4 Workstation

④ Windows 7が動いている機器に
Windows 10 IoTを入れる(Field Upgrade)

ハードウェアやドライバなど一定の条件を満たしていれば、既存のWindows 7搭載機器にWindows 10 IoTを入れるフィールドアップグレードが可能です。
菱洋エレクトロでは、お客様が現在ご使用の端末がWindows 10 IoTで動作するかの無料診断を社数限定、期間限定で行っています。
この機会にぜひお問い合わせください。

※Windows 10IoTを使用する場合は、専用用途での利用に限ります。

※専用用途とは、デジタルサイネージやFAコントローラーなどを指します。
詳しくはhttp://ryoyo-embedded-solutions.jp/をご確認ください。

※Field Upgradeには、別途MicrosoftとOEM CLA契約を締結する必要がございます。

※OEM CLA契約は無償契約です。

PAGE TOP